マンション生活は”快適”ですかねー!④

私の住まいはRC構造(鉄筋コンクリート造り)です、
マンション大規模修繕工事の現場では、
アンカーピンを躯体に打ち込むことで足場資材と建物を固定し、
仮設足場の倒壊防止対策を行っています。

工事屋さんは常識だと言いますが、破壊行為に似ている。

工事後はアンカーピン(アンカー)は躯体に打ち込んだまま、
ストレスの持ったまま埋め込まれます。ステンレス製品でなければ
錆も心配です。粗悪な(鉄分の多い)アンカーピンを使用すると、
躯体の中で酸化し、錆が発生、コンクリートの爆裂を
起こす劣化原因となるのです。

こんな内容、素人の管理組合員には判らい事ですよねー、
 ・・・・経験して初めて知った・・・
その年の理事に順番が来ただけの管理組合の理事役達、
修繕委員会を形だけ招集しても適任はおらず、
声をあげる人も居ない・・形だけ・・管理会社の思うつぼです。
ニンマリと微笑みを持って粛々とお仕事しているのでしょうね。

コンクリートにドリルで穴を開けている音が1日中鳴り響き
連日猛暑の中、工事人も大変だけど、中にいる住人は
窓開けられず、騒音に悩まされ、エアコン頼りの隠遁状態
健康な人は外に逃げられるが、家庭に事情のある人には、
耐えられない苦痛が続く・・・楽しいことは全く見えて来ない。

剥がれない・浮かないタイルは無いのか?

修繕しなくてよい外壁、革新的な施工技術は無いのか?

資産価値って外壁、外観だけで決まるわけではない!

化粧したものは剥がれる。


足場固定のアンカーで穴を開けられ

タイル浮き対策で穴を開けらり

十数年経つと新築マンションもボロボロに

 痛めつけられる、これが建設業界の生きる糧なのか

分譲マンションは誰のものなのか

自分の土地にある駐車スペース(駐車料金)取られるのも

 これも解らない一つだ。

マンション購入しようかと思い立った時、こんな思いは何一つ
 思い当たる事は なかった、車を乗り換える程度の考えしか
 無かった事に反省・・・・もう買うチャンス無ないけどね。

マンションに暮らしている我々はもっと関心を持って
悪徳な不動産屋、建設グループの横暴から身を守ることを
怠ってはいけない。ここで書き上げているのも反省が有って
落とし穴に落ちた一人として情報を公開している訳・・・。


マンション管理をつい他人に、
 任せてしまいがちな私たちの姿勢につけ込まれてきた面も
 あるということが気づかされる場面が多々見られます。

また、次回へ・・・・。😃🏢🏣🏥🏦


全般ランキング

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック