分譲マンション管理組合

マンション生活は”快適”ですかねー!

マンションなど集合住宅にお住まいの方は、
居住するマンションの管理組合の理事を仰せつかる運命に
ある。 輪番制であり、 自分の所有資産の為とはいえ、
1年間の任期を全うしなければならない気の重い
仕事が待ち構えているのだ。
DSC01523.JPG
共用部分の日ごろの清掃や設備の保守点検は常駐する
管理人が配置される。
組合の会計やテレビ受像設備・警報設備、給水用部品の更新、
大規模修繕計画の作成などは専門的知識が必要なことから
管理会社に委託するのが一般的なのだ。
もちろん管理人も管理会社の派遣だ。
profile_icon
言われた事だけをただ定例的にする管理人も居れば
常に動いて快適空間をエンジョイしてくれて居る方も居る、
管理会社と管理人の評価は微妙に居心地に直接影響する。
お互いに良い関係は保ちたいものだ。
DSC08110.JPG
マンション管理の主体は住民で組織する管理組合です。
実情は組織する管理組合というのは、あくまでも「建前」。
大きな建物の維持管理は専門家のサポートなしに成り立たない
管理業務も細かい気遣いが有ってこそ、快適空間が成立する。
立ちゆかない事態は管理組合が委託する管理会社の優劣が
決め手でスムーズな運営が左右されるのだ。
DSC03955.JPG
「マンション修繕工事の闇 トラブルの実態は?」
こう言ったTV放送も有るように、建物があるが故に
建設会社のアフターサービスが今や設け頭として
世の中のマンションを標的に暗躍している実態がある。

ここに係わっているのが管理業務委託会社の存在だ、
管理組合を誘導して建設グループと共謀生き残りの
餌食にされているのだ。

==こうしたトラブル、マンション管理をつい他人に
 任せてしまいがちな私たちの姿勢につけ込まれてきた面も
 あるということが分かりました。
 自分たちの住まいをどう良くしていくか、
 住民自らが考えることが、
 結果的にトラブルから身を守ることに
 つながるんだと思います。==

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4049/index.html

この悪仕組みを見破って管理組合業務を正常な軌道に乗せる
事ができるのか、新しいマンションができた時点で、
この悪徳ストーリーは出来上がり増長していくスタイルは
すでに闇から這い上がり暗躍し、仕事と位置づけされている。

公的機関(国)はこの実態を安にガイドラインや指針として
公表している。 しかし住民からすれば建設業界向けの実態調査
まとめ報告で、既成事実として業界を元気付けさせているに過ぎない
ーーーよく似た話は他にもーーニュースで聞きますね。
政治献金していない住民には目が向いていないと言えそうだ。

ではまた・・・。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント